心臓外科

冠動脈バイパス術(CABG)

冠動脈バイパスグラフトの開存性はCABG手術のかなめです。超音波トランジットタイム方式を用いたトランソニックの冠動脈血流プローブは、心臓外科医に吻合したグラフトが開存しているかどうかの客観的情報を提供します。吻合血管の状況を把握することで、治療結果を向上させることが期待できます。これまでの研究において、術中の血流量測定はCABG手術後の早期のグラフト障害を減少させることが示されています。

  1. リアルタイムでグラフとの血流量が確認できます。
  2. グラフトの開存性が確認できます。
  3. 再手術のリスクを減少させます。
  4. 患者の治療結果の向上が期待できます。