チュービングモデル

トランソニックの血流計とチューブ血流センサーは、機器のプロトタイプ試験に必要な血流メトリクスを提供します。ポンプ精度を認証し、拍動・安定血流の動きを明確化し、機械弁の漏れを評価します。またバイオメディカルリサーチから医薬品バイオプロセスやバイオリアクターまで、どんなフレキシブルチューブ回路においても血流をモニタリングすることが可能です。

トランソニックは、フレキシブルチューブで体積流量を測定するための2つの血流センサーオプションを提供しています。

  • クランプオン血流センサーは、チューブの外側に取り付けるため、血流やシステムの無菌性を阻害することがありません。1つの血流センサーを、チューブ設定を変更することなくシステム内のさまざまな場所に設置することができます。しかしながらベストな結果を得るためには、血流センサーの位置を変えたとき毎回ゼロに再設定する必要があります。クランプオン血流センサーは、チューブ、温度、液体の組み合わせ4つに対しキャリブレーションすることが可能です。
  • インライン血流センサーは、血流の動きに最低限の影響を与えるだけでチューブラインに接合できます。これは特に低血流でクランプオン血流センサーより高い精度を発揮します。インライン血流センサーは、チューブタイプに関係なく、4つの温度、液体の組み合わせに対しキャリブレーションすることができます。


チューブ血流測定によってシステムをどのように向上させるかについては、“バイオプロセス”をご覧ください。