•  

とらんそに

薬理学は、薬剤・治療薬の生物学的、化学的、生理学的効果を生体構造において探求するものです。研究対象は、分子間相互作用から全身反応にまで及びます。Transonicは、臓器や有機体レベルで薬剤の心臓血管への影響を研究する広い範囲のツールを提供します。

  • 圧-容積測定で総合的な心臓血行動態を確立します。
  • 大動脈上で血流プローブを使用して心拍出量を決定し、目的の血管を通じて体積流量を測定します。
  • 固体圧カテーテルで、平均動脈圧、肺動脈圧、毛細血管圧、中心静脈圧を評価します。
  • 完全に移植可能なEndoGearで、圧、ECG、血流/速度を同時にモニタリングします。


安全性薬理学
安全性薬理学は、薬剤のためのリスク/利点の評価をデータ化し、薬事プロセスの中で迅速に開発されるべきものです。“S7A: 安全性薬剤評価のためのヒト薬剤ガイドラインの安全性薬理学研究”は、ヒトに使用される新しい薬剤の潜在的リスクを評価するために、3つの生命に関わる臓器システム(心臓血管、呼吸器、中枢神経系)について研究のコアバッテリーを使うことを推奨しています。トランソニックの測定は、臨床前薬剤研究において心臓血管作用への洞察をサポートします。