PXL Clamp-On Flowsensor

PXLクランプオンチューブ血流センサー

回路の無菌性を破ることなくチューブ血流測定

革新的なトランジットタイムテクノロジーは、フレキシブルチューブの外側に血流センサーを留めて内部の血流を測定し、医療チューブ応用における血流測定に革命をもたらしました。PXLクランプオンチューブ血流センサーは、超音波血流イルミネーションの最先端設計を利用し、不安定で乱れた血流状態でも信頼性の高い測定値を提供します。
 
迅速性と再現性が要求され、血流障害なく複数の回路で行わなければならないプロセステストにおいて、PXL血流センサーの簡単なクリップオン操作は産業的な血流測定応用にとって理想的なものです。直径の大きな市場の血流測定装置と異なり、Transonic®は直径の小さいチューブ(外径1/8”まで)に高分解能のクランプオンセンサーを提供します。
 
PLXシリーズの血流センサーは、4つの異なった液体/温度/チューブの組み合わせに対してキャリブレーション、プログラミングを行うことができ、最もフレキシブルなチューブタイプを最適化します。
  • 人工心臓&VAD性能
  • 医療機器&ポンプエンジニアリング
  • 製造&コンプライアンス血流試験
 
製品概要
 
製品概要
  • サイズは2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 14, 16, 20があります。
  • 液状媒体との物理的な接触はありません。
  • 血流分解能はセンサーサイズに合わせて増減されます。
  • 4トランスデューサ―設計は、精密で正確な血流を提供します。
  • T410チューブ血流モジュール(T402またはT403コンソール)と共に使うことができます。
  • ヒトには使用できません。臨床応用についてはHXL Sterile Tubing Flowsensorsをご覧ください。