外科関連
 “TTFM is a reliable method to verify intraoperative graft patency.” 
Di Giammarco et al, Interact Cardiovasc Thorac Surg 2010; 11(5): 635-40.  



外科ホームページ


“TTFMは、術中グラフトの開存性を検証する信頼のおける方法である”
Di Giammarco et al, Interact Cardiovasc Thorac Surg 2010; 11(5): 635-40.
吻合術後の血管の機能や開存性は、手術の成功に不可欠なものです。トランソニックの術中血流量測定によって、外科医は血管の開存性の確認が行えます。トランジットタイム超音波テクノロジーによる血流量測定は、CABG、血管吻合、移植、脳血管、マイクロサージェリー等における血管吻合術の質を客観的に評価するための定量的データを提供します。

トランソニックの超音波血流計は以下のような利点があります。

  • 0.4~40mmのさまざまな太さの血管の測定が行えます。
  • 吻合直後や閉創前の測定で、吻合血管の血行動態を瞬時に確認できます。
  • 再手術のリスクを減少させます。