血液透析&バスキュラーアクセスホームページ

血流ベースのCircle of Care
“Transonicの血流モニタリングは、私のバスキュラーアクセスマネジメントプログラム(VAMP)の基礎である”
Spergel, LM, MD, FACS

正常に機能しているバスキュラーアクセスは、腎臓機能を血液透析に依存している末期腎臓疾患(ESRD)患者にとって非常に重要です。バスキュラーアクセスは、透析の処方によって十分な量の血流を送らなければなりませんが、それは合併症を引き起こすほど多い血流ではありません。結果として、血流は、バスキュラーアクセスの健全性と能力の基本的な判定基準になります。Transonicの血流測定は、アクセスの自然な経過において、複数の段階でバスキュラーアクセス血流を測定することができます:血液透析中、修正血管内インターベンション中、アクセスの外科的修復中です。Transonicの血流測定は、外科医、腎臓専門医、インターベンショナルラジオロジストに情報を与え、患者、バスキュラーアクセスの間に“Circle of Care”を創り上げます。

参考資料:Flow-based Vascular Access Management Handbook (VA-1-hb)